人材紹介業界の経営企画求人

経営企画転職TOP >> 人気 >> 人材紹介業界の経営企画求人

人材紹介業界の経営企画求人

人材紹介業界は、2008年9月に起こったリーマンショックの影響で大規模な変化がありましたが、現在、その規模は順調に拡大しているといわれています。しかし、今後も景気や社会情勢の影響を受けやすいことに変わりはなく、何かあれば致命的な打撃を受ける可能性が高いと言えるでしょう。人材紹介業もある程度の規模となると、経営企画担当者が必要不可欠となります。規模が小さな内は経営者自身がこなすのが普通ですが、大きくなるにしたがってとても一人では社内を見渡せなくなってくるからです。このような時も経営企画の求人が出されるタイミングです。

また、企業の経営陣が大きく入れ替わるような時も経営企画の求人が出される時といえるでしょう。経営陣が変われば経営方針も大きく変わり、社内のシステムもまた再構築されることとなります。もちろん、社内から人材を登用することもありますが、このような時に必要とされるのはこれまで社内にはなかった斬新な発想ができる人材です。慣習を打ち破り、幅広い視野で社内を一変させるような人材が外から採用されることがよくあります。経営企画の仕事をするのに必要なのは、論理的に物事を考えられること、経理財務の経験と知識、柔軟なものの考え方などが挙げられるでしょう。

人材紹介業界は、前述のように規模が拡大しており、今後も拡大し続けると考えられています。しかし、そこには直面しているいくつかの課題もあり、経営企画の適切な対応が求められています。例えば、海外からの求職者の急増も直面する課題の一つです。多くの企業が海外に拠点を持つようになった昨今では、現地で人材を採用することが増えていますが、それと同時に、企業は国内の拠点で働いてくれる海外の人材を採用することも増えてきています。このような背景から、人材紹介業を介して日本で働く外国人が増えているのだといわれています。

今後の経営企画の仕事は、各国の細かな事情に対応するとともに、外国人が国内でスムーズに就労できるような管理体制を整えることが求められています。しかし、これは同時に人材紹介業にとってはまたとないビジネスチャンスともいえます。そして、このようなチャンスをものにできるかどうかは経営企画の手腕にかかっているともいえるのではないでしょうか。他にも、ここ最近はさまざまな業界に人工知能が用いられるようになりましたが、その波が人材紹介業にも訪れているといわれています。経営企画担当者は、このような大きな変化にも対応する能力が必要といえそうです。

経営企画の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

経営企画転職の基礎

条件別の経営企画求人

人気の経営企画求人


Copyright (C) 2014-2022 経営企画に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.