エネルギー業界の経営企画求人

経営企画転職TOP >> 人気 >> エネルギー業界の経営企画求人

エネルギー業界の経営企画求人

エネルギー業界とは、一般的には電力・ガス・石油という3つの分野を指しており、それぞれに経営企画の仕事が必要とされています。この3つの中でもっとも潤っているといえば電力でしょう。日本の電力は世界的に見て稀有なほど安定しています。私たち日本人は停電になるとびっくりしますが、そのような状況は日本以外にはほとんどありません。電力の自由化がスタートしていますが、新規参入する企業は今のところ多くはなく、大手が変わらず大きなシェアを占めているのが現状です。

ガスは、都市ガスとプロパンガスの2種類あり、日本はほぼ半分といって良い割合で供給されています。市場の規模は電力に比べると随分と小さく、厳しい将来を見据えている企業がたくさんあるといわれています。そして石油は、日本での需要が少なくなっていることから、多くの企業が次世代エネルギーの開発に取り組んでいます。しかし、今のところ軌道に乗っているところは少ないのが現状です。

前述のように、3つの中で一番大きな市場なのは電力です。しかし、電力も東日本大震災をきっかけとして非常に大きな変革の時を迎えました。電力の自由化にも対応するべく、それぞれの企業は経営体制を強固なものとしていくことが必須となっています。電力業界における経営企画は、これらの大きな変化に対応するため、社内それぞれの部門の果たすべき機能、そして、社員一人一人の成すべきことを改めて再定義することも仕事の一つとなります。例えば営業部門であれば、競争が激しい中、そのような顧客を獲得すると売り上げがどのくらい上がるのか、といったことを改めて検証していくことが望まれます。

電力・ガス・石油、いずれの分野であっても、経営企画担当者は、経営企画のコアメンバーとして、社長をはじめとした企業トップの経営陣と直接意見を交わしながら業務を進めていきます。会社の将来がかかっているため、経営企画という仕事には、未経験よりもより多くの経験を積んだ人が求められているといって良いでしょう。プロジェクトを立ち上げた経験を持つ人、マーケティングやサービスの企画提案経験のある人が優遇される傾向にあります。しかし、企業によっては経験の浅い人でも採用するところは少なくありません。エネルギー業界は、全体的に人手不足気味ともいわれています。経験は入社してから培っていくものとして、みなぎるやる気と何事にもへこたれない精神力をアピールすれば、採用にこぎつけることは難しくないでしょう。

経営企画の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

経営企画転職の基礎

条件別の経営企画求人

人気の経営企画求人


Copyright (C) 2014-2022 経営企画に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.