アシスタントとしての経営企画求人

経営企画転職TOP >> 条件別 >> アシスタントとしての経営企画求人

アシスタントとしての経営企画求人

アシスタントとしての経営企画の求人は、経験のあるなしにかかわらず、未知の分野に果敢に挑戦できる姿勢と意欲が志望動機に表れていることが、一般的にはプラスに評価されます。今までの職歴はどうあれ、新しい舞台で積極的に何事も吸収しようという意思があるならば、経営企画のアシスタントとして頼もしく思われるでしょうから、そうした面を前面に押し出して転職活動を行うことをおすすめします。臨機応変に対応できることが求められるので、求人に対しても素早く反応できるようにしておきましょう。

アシスタントとはいっても経営企画に携わるわけですから、企業側が求めているのは長期的に企業に貢献してくれる人物です。そのため、自分には何ができて、どういう場面で強みが発揮できるのかを、人事担当者に伝えられることが肝心です。責任は重く、それに比例して収入面でも厚遇される仕事ですから、曖昧な志望動機では採用に至ることはないと考えた方がよいでしょう。日頃から興味のある分野の企業動向や展望を研究し、自分ならどう関われるかを意識して、転職活動の準備を進めることが重要です。

経営企画部門の仕事は、経営者のブレーンとして企業の方向性を決定する手助けを行います。そのため、自社を業界内でどのような位置付けに置きたいのか、異業界へ打って出るとしたらどのようなメリット・デメリットがあるのか、また、新規事業を行うにあたって社員にどう働きかけるかといったようなことを、経営者目線で考える必要があります。それに加えて、自社の経営状況、ライバル社の動向、社会情勢などを正確に分析し、問題点を洗い出して改善点を提供することが求められます。さらに、それらを踏まえて新規事業計画を立案する際、自社の社員のスキルや志向性を考慮に入れて、企業全体をコントロールしなければいけません。以上のことを行うには、実務一般の基本的知識が必要となります。総務、法務、財務、人事、経理、経営監査、品質管理、営業企画、リスクマネジメントまで、あらゆるスタッフ業務にある程度通じており、現状の問題点を分析できることが求められます。

というわけで、経営企画に携わるにはそれなりの能力と経験が求められますが、アシスタントとしてかかわるメリットは、即戦力として活躍できるとまでは期待されていないので、先輩社員の経営企画能力を体感しつつ、日々勉強できるという点です。将来的には、経営陣に直接影響を与えられるだけの人材となることが期待されていますから、アシスタント業務に真摯に取り組み、スキルアップできるよう研鑽していく意欲をアピールしましょう。たとえ未経験のまったくの異分野の業界であっても、積極性と吸収力、それに会社に対する真摯な思いを表現できれば、採用のチャンスは大きくなります。

経営企画の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

経営企画転職の基礎

条件別の経営企画求人

人気の経営企画求人


Copyright (C) 2014-2022 経営企画に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.