経営企画の仕事内容

経営企画転職TOP >> 経営企画転職の基礎 >> 経営企画の仕事内容

経営企画の仕事内容

経営企画の仕事の内容は、おもに新規事業の計画をすることになります。会社のコアとなる業務であるだけに、採算性や事業計画、実際に現場で対応可能なことなのか、という総合的な能力を立案することになります。これは大変なことですが、実際に能力がある人であれば、それをフルに活用して新しい事業を展開する原動力となるので、経営企画の本当のやりがいや、仕事のスキルアップにつながることになります。

実際にまったく新しい事業に取り組むことになるので、企画自体がまったくの新しい能力や判断力が必要になることになります。現場で、どのような判断が必要になり、軌道修正するべきことがどのようなことなど、マーケティングやリサーチの力が必要になります。また、コンピューターによる統計や、顧客の整理なども発生するため、パソコン関連の事務作業に強い人もスキルを生かすチャンスがあります。もちろん、実際のエンドユーザーを想定するとなると、営業的な要素も必要になるので、営業経験がある人は転職に有利に働きます。

総合的にどのような能力や、判断力を持って臨むことが良いのか、ということを意識していないと、なかなか性格な判断をすることが難しくなってしまいます。経営に携わる一因として事業を立案すると器量や能力がトータルで必要になるので、その実力を有していなければ、判断で間違ってしまうことになるので、非常に会社の事業の中でも思い立場にいます。

ビジネスにおいて、ある程度の職務経験がある人、新しいことを創造することが好きな人、何事にも積極的に取り組める人、などが評価される分野です。20代の未経験者でも能力次第では、十分に採用されるチャンスがあるので、挑戦することは可能な業種です。また、30代以降の未経験者でも、現在、専門的に取り組んでいる分野があるなら、その長所を生かして思い切ってビジネスに挑戦することが可能なので、ぜひ取り組んでみてはいかがでしょうか。

経営企画は将来的に大きなプロジェクトに参加してみたい人や、経営に携わってみたい人、役員を目指す人など、向上心がある若手であればその気持ちをアピールすればそれがプラスになって評価されることは十分にあります。また、仕事に熱心で事業に思い切って取り組むことが出来る人なら、新しい可能性やチャンスをつかむことも十分に可能です。新しいことに意識を持って取り組むことが出来る人は、十分にビジネスでチャンスがあります。

経営企画の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

経営企画転職の基礎

条件別の経営企画求人

人気の経営企画求人


Copyright (C) 2014-2022 経営企画に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.