経営企画の研修

経営企画転職TOP >> 経営企画転職の基礎 >> 経営企画の研修

経営企画の研修

経営企画とは、新規事業の計画や企業の方向性の決定、社会情勢やライバル企業の動向への対応方法の意思決定などをする仕事です。そのためには、経営全般に関わる問題点をいち早く発見し、それを改善するための具体策を企画・実行できるだけの能力が必要とされます。顧客や従業員をはじめとした企業に関わるすべての人に指針を示さなければならない、たいへん責任の重い仕事です。

企業の現在のポジションや従業員のポテンシャルを正確に把握していることと、ライバル企業の動向や社会情勢の変化を予測できることが求められるので、経営企画職に採用されるためには、それらに堪え得る能力と経験があることが望ましいのです。ですから、すでに経営企画の経験が豊富な人が採用される確率が高くなります。経営企画職の実務経験はないとしても、総務、法務、人事、経理、財務、営業企画などにはある程度通じており、経験者に類する能力があれば即戦力として活躍できますし、会社も重宝してくれるでしょう。

だからといって、未経験者にチャンスがないわけではありません。中小企業や設立後間がない企業ならば、やる気と能力次第では十分に経営企画に参画できる可能性はあります。本人に将来性があり、これまでの経験を活かして顧客の満足度を高める企画が立案でき、かつ、長期的に企業に貢献することができるならば、経営企画の実務経験がなかろうが年齢が若かろうが、それほど大きな問題ではありません。接客や営業の経験があるなら、きっと経営企画にも活かせることでしょう。

大切なのは、就職後にしっかり結果を示すことができるかということです。経営企画職は企業トップのブレーンのようなものなので、たとえ未経験であっても、入社後数ヶ月以内にはそれなりの結果が求められるでしょう。結果を出すためには日ごろの研鑽が重要になります。

自分でできる努力としては、経営企画部門向けの研修を積極的に受けて、経営企画に必要な経営戦略やマーケティング、財務・人事・営業などの知識を体系的に習得することが挙げられます。大企業ならば社内研修が充実しているでしょうから、知識に不安がある人にはありがたいことでしょう。また、中小企業や設立後間がないような企業では、経営企画部門自体ができて間がないというケースもあります。その場合は、外部のスペシャリストが提供する経営企画・経営戦略系の研修に参加することでスキルを習得するという方法もあります。

経営企画の研修なら、経営企画職に求められる役割や能力、組織・人事、財務会計、リスクマネジメント、中期計画策定の方法などを学ぶことができるでしょう。しかし、経営企画は、研修で学んだことをしっかり結果で示せないことには、必要ないと言われかねない重責のある職務です。研修があるから大丈夫という仕事ではないので、日ごろから積極的に自己研鑽する意識を持つことが大切です。

経営企画の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

経営企画転職の基礎

条件別の経営企画求人

人気の経営企画求人


Copyright (C) 2014-2022 経営企画に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.