経営企画で多い転職理由

経営企画転職TOP >> 経営企画転職の基礎 >> 経営企画で多い転職理由

経営企画で多い転職理由

20代や30代の次世代を担う人材のうち、近年、経営企画部門への転職を志す人が増えてきました。それと同時に、経験豊富な人材の多くも、やりがいを求めて経営企画職に向けて転職活動を行っています。転職理由は人によってさまざまですが、「もっとやりがいのある仕事をして多くの経験を積みたい」、「今いる会社の方針が自分の目指すものと合わなくなった」、「今の上司に正当に評価されていない」といったことを挙げる人が多いようです。経営企画部門を狙っている人には、それらの理由に加えて、もっと収入をアップさせたいという動機が強く働いています。

経営企画は、企業トップの経営者の参謀となって企業の舵取りを行う、責任ある仕事です。新事業を計画し、企業の方向性を転換させることも行うわけですから、経営企画には冷静な判断力と客観的に物事を分析する能力が求められます。競合他社の動向や社会情勢などの外的環境の動きを敏感に察知し、先進企業の経営のあり方を研究する一方で、自社の置かれている状況を的確に把握し、かつ、自社の従業員の士気、スキル、ポテンシャルなどを踏まえて、彼らの一歩先を行く展望を示して、経営者の望む方向へ企業全体をコントロールしなければならない仕事です。当然ながら生半可な仕事内容ではありませんので、採用されるにはそれなりの能力と経験が求められることが多いのです。

実際に経営企画職に採用されている人材には、前職で商品計画の企画・立案の経験のある人や、全国規模の会社で事業所の統括指揮をしていた人、異業界へ新規参入したメーカーにおいて新規事業の計画を行った人など、十分な実績を誇るような人たちが多くなっています。すでに前職において自分のポジションを築いている人たちですから、その会社にとどまっていたとしてもそれなりの待遇を受けることができていたでしょうし、居心地も悪くないはずです。それなのに転職を志すわけですから、より大きなやりがいを求めているのでしょう。「自分の能力はこんなものじゃない」と貪欲に上を目指しつつ、自分に見合った収入を約束してくれる場所を探した結果が、経営企画への転職となったというわけです。

経営企画の実務は未経験であるという志望者も、同じようにやりがいと自分に見合った評価、収入を求めて転職を志しています。採用する側の企業としても、未知の分野に果敢に挑戦する気概を持つ人は頼もしいはずです。ただし、自分のスキルを磨きたい、経験を積みたいという思いだけでは経営企画は務まりません。その企業の舵取りを担う職務ですから、自社に対する真剣な思いが求められます。経験や能力は十分なのに不採用になる人は、その辺りのことを考えて、履歴書の作成や面接対策を練り直す必要があるでしょう。

経営企画の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

経営企画転職の基礎

条件別の経営企画求人

人気の経営企画求人


Copyright (C) 2014-2022 経営企画に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.