経営企画を辞めたい時

経営企画転職TOP >> 経営企画転職の基礎 >> 経営企画を辞めたい時

経営企画を辞めたい時

経営企画の仕事は、会社のかじ取り役とも言えますので、自分の能力とスキルによって会社の経営に貢献できるという大きなやりがいを与えるものです。一方で、もし何らかのミスや判断の誤りがあれば、企業の業績を落とすものともなってしまいますので、責任が大変重い部署とも言うことができます。それだけ、任される責任も大きく精神的なストレスを感じる度合いも大きなものがあります。こうした負担は時に仕事への疲れを覚えさせ、経営企画という仕事を辞めたいと思わせる原因ともなってしまいます。

この精神的なプレッシャーというのは、どこの部署にいても感じるものですが、特に経営企画部ではより大きなものとなります。経営戦略をプレゼンテーションするにしても、相手は会社の上層部である取締役であったり、資金の提供元の一つである銀行の関係者であったりすることが多いからです。一般の顧客以上にシビアにプレゼンテーションを評価しますし、突いてくる問題点や疑問などもレベルの高いものです。細かな点まで対応できるように、事前に完璧な準備をすることが求められ、準備作業はとてもハードなものとなることがあります。時間に追われて残業が長くなってしまうこともあり、体力的にも疲労感を覚えることがあるでしょう。

また、株主に対応する担当でも、やはり同じような重圧に耐える必要が出てきます。株主の多くは会社に直接属しているわけではなく、業績の向上を常に第一にしています。そのため、会社で持っている方針や考えが通じないこともあり、それを納得させるのは大変な作業となります。ちょっとしたデータの内容や書類上の不備があるだけでも、大きなトラブルに発展することもありますので、その担う責任の重さはとても大きなものがあります。

一方で、経営企画部に入ったものの、思うような仕事をさせてもらえないと感じる人もいます。経営企画の重要な仕事の一つとしては、財務状況やマーケットの状況を分析して、それを経営戦略を定める際に活用するというものがあります。そのため、時にデータを収集して分析に明け暮れるという業務を行わなければならないこともあります。毎日長時間パソコンの前に座ってデータを見ているだけの仕事となると、あまりやりがいを感じられないという人もいます。こうした仕事への不満から、経営企画を辞めたいという気持ちになることもあるでしょう。しかし、目標を持ってやりたい仕事をもらうために努力を重ねるようにすれば、こうした仕事にも意義を見つけて働き続ける動機を持てるようになるでしょう。

経営企画の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

経営企画転職の基礎

条件別の経営企画求人

人気の経営企画求人


Copyright (C) 2014-2022 経営企画に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.