経営企画の志望動機

経営企画転職TOP >> 経営企画転職の基礎 >> 経営企画の志望動機

経営企画の志望動機

経営企画の志望動機は、明確にどのようなビジネスをしたいのか、何を目標としているのか、ということをはっきりとさせることが大切です。経営という会社のもっとも重要な方向性に携わるメンバーとなるため、仕事にはやりがいもありますが責任も伴います。どのような方向性で事業に取り組むのが良いのか、何が正しい判断として必要になるのか、など総合的な能力が求められることになるので、冷静に判断しなければならないことが多くなってしまいます。

事業に対しての冷静な判断や、どのような方向性でビジネスに取り組むのが良いのか、など判断しなければならないことは、実に多くあります。通常のデスクワークと違い、自分の企画や意思決定が仕事に反映されやすい業務なので、今まで出来なかった裁量を任せられて、自分の判断でするべき業務も圧倒的に多くなります。その分、仕事自体は大変なことも多いですが、安定して長く続けることが出来る業務なので、十分に新しい業務に挑戦することができます。

安定して長期にわたって仕事を続けることが出来る仕事なので、大きなスキルアップや、最終的に会社の役員になるなど、大きな目標を持つことができます。将来的に会社のコアンメンバーになりたい、経営関係で大きなスキルアップをしてみたい、などという向上心を持っている人は、志望動機で明言しておくことによって、採用担当者の目を引くことになるので有利です。

職歴としても、経営企画は総合的な能力が求められることになるので、判断能力や、新しい事業への方向性など、幅広い知識や経験が必要になります。大きなスキルアップが可能である半面、対応しなければならないことも多く、仕事へのタフさや、冷静な判断力が求められる仕事となっています。長期的に安定して仕事を続けたい、ビジネスに対して、一定の理解や、仕事に対する意欲を持っている、など明確な向上心を持っている人であれば、それが武器になって転職でも有利になります。

経営企画は募集されている会社によっても、求める人材や職務内容も大きく違うことがあります。もし、転職を検討している人はまずは転職支援サイトに登録し、どのような人材が必要になっているのか、ということをキャリアコンサルタントに相談してみる、という方法がお勧めです。将来、自分がどのような能力や経験が必要になるのか、という方向性を明確に教えていただけるので、その準備をはっきりとすることが可能になります。

経営企画の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

経営企画転職の基礎

条件別の経営企画求人

人気の経営企画求人


Copyright (C) 2014-2022 経営企画に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.