経営企画の面接対策

経営企画転職TOP >> 経営企画転職の基礎 >> 経営企画の面接対策

経営企画の面接対策

企業を構成する部門はさまざまありますが、その中でも経営企画部門は、経営者のブレーンとなって企業の今後の方針を決定し、新規事業を計画していく重要な部門です。そのため、経営企画を志望する人には、経営者と同じ目線で考えられる能力が求められます。経営者と同じ価値観、判断力を持ち、企業をコントロールするセンス、いわば経営者感覚を備えていることが望ましいのです。

それ以外にも、実務の基本的なスキルは全般的にあった方がよいでしょう。異業界からの転職を目指している人であれば、これまで培った経験・能力があります。もちろん、経営者の考えを社内だけでなく社外にも伝えなければならないので、それに足るだけのコミュニケーション能力と、部門を超越した視野を持って全体を最適化できるだけの調整交渉力、提供されたデータに基づいて状況を客観的に判断するための論理的な思考力も必要なことは言うまでもありません。しかし、これらはこれまで仕事に対して真摯に取り組んできた人なら、自然と備わっている能力でしょう。面接時には、それらを志望先の企業でどのように活かせると考えているか、しっかりとビジョンを説明できるようにしておきましょう。

また、経営企画の仕事で重要なのは、経営者が判断を下しやすいように、鋭い分析に基づいた材料を提供することです。先ほど経営者感覚と書きましたが、自己の保身やリスクヘッジを重視するような雇われ感覚、サラリーマン根性といったようなものが残っているようなら、経営者をサポートする任は務まりません。面接の際には、その意識をきっぱりと改めて、企業全体を考えられる姿勢を示すことが重要です。

ただ、経営企画の仕事には経営者と同等のスキルと素養が必要とはいっても、これまでの経験や現在の年齢によっては、それらの能力を備えていると胸を張って言えないという人もいるでしょう。その場合はまず、自分のこれまでの経験が志望先企業でどのような強みとなるかを、志望先企業だけでなくライバル企業や業界全体の特徴を調べて、論理的に説明できるようにしておくことが大切です。また、自分に足りない部分は、一から真摯に学んでいく意欲があることを示すのも忘れてはいけません。単に「こんな感じのことをやってみたい」というような曖昧な表現でまとめるのではなく、どんな場面なら自分は必ず貢献できるかを、具体的かつ実践的な例を挙げて表現しましょう。イメージ先行で志望してきたような人は、面接官に確実に見抜かれます。

たとえば、財務の経験があるならば、いかに鋭くデータを分析し、わかりやすいレポートを作成できるかをアピールするとよいでしょう。また、過去のプレゼン資料を持参して、自分の考えをわかりやすく示すことができたら、好印象を与えることも可能でしょう。

経営企画の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

経営企画転職の基礎

条件別の経営企画求人

人気の経営企画求人


Copyright (C) 2014-2022 経営企画に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.