経営企画の復職事情

経営企画転職TOP >> 経営企画転職の基礎 >> 経営企画の復職事情

経営企画の復職事情

女性のライフスタイルを考えると、結婚や妊娠、出産などを機に一旦職場を離れることはよくあります。また、男性でも最近では育児休暇などを取って一定期間職場を離れることがあるでしょう。他にも、ケガや病気などの治療で職場を離れなければならないことがあるものです。そんな時、ある程度余裕のある企業であれば休職扱いにして復職することができるようになっています。また、女性の妊娠や出産であれば、専用の休暇を取る権利が法律で認められています。経営企画の仕事に就いている場合でも、それは同じ待遇となります。

例えば、日立フーズ&ロジスティクスシステムズは、食品・食品物流システムを扱う、食品IT業界をリードし続ける一大企業です。この企業で経営企画として働く女性も、育休休暇を取得した後に復職をしています。復職する際には、面談を重ねることで育児をしながらの勤務について十分に話し合ったのだといいます。育児中は、保育園の送り迎えもしなければなりませんし、小さな子供は突然発熱することもよくあります。そのため、急に会社を休まなければならないこともあります。そのようなことを予想して、育児をしながらでも働きやすいようなスタイルを模索していったのです。例えば、彼女が利用しているのがフレックス制度です。子供の事情に応じて出勤・退勤時間に余裕を持たせられるこの制度は、子育て中のママさんにはとても都合の良いものです。

経営企画の仕事は、会社の方針に基づいてさまざまな取り組みを推し進め、社内の考えをまとめていくことなのだといいます。部署の垣根を超えて、会社が一丸となって同じ認識を持ち、同じ目標を共有できるように働きかけていくことも重要な仕事の一つです。社内の横のつながりを強固なものとすることで、会社はより一層一体感が出ていくものですが、それも経営企画の仕事なのです。

日立フーズ&ロジスティクスシステムズで復職の際にさまざまな希望がかなえられたのは、もちろん大企業であったことも理由の一つです。しかし、いくら制度が整えられても働く意欲がなければ復職は困難なものとなるに違いありません。以前のように仕事に長時間集中することはできなくなってしまいますし、そのような状況が日常となる中では、ともすれば挫折してしまい兼ねないのも事実なのです。しかし、その状況を受け入れながら、その中で最大限仕事をしていくことが、その後にキャリアを形成していけるかどうかにつながっていきます。また、会社の将来を左右し兼ねない重要なポジションである経営企画を任されるほど人材であれば、復職してさらに会社に貢献してほしいと思われるのではないでしょうか。

経営企画の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

経営企画転職の基礎

条件別の経営企画求人

人気の経営企画求人


Copyright (C) 2014-2022 経営企画に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.