経営企画のキャリアプラン

経営企画転職TOP >> 経営企画転職の基礎 >> 経営企画のキャリアプラン

経営企画のキャリアプラン

どのような仕事であれ、しっかりと構築されたキャリアプランは重要です。5年後、10年後に自分はどうありたいのかを明確に意識することは、転職活動を成功させる上で欠かせないことです。ましてや志望する部署が経営企画の場合なら、自分のことだけでなく会社の将来をも設計しなければならないわけですから、自身のキャリアプランをしっかり述べられないような人が採用されるようなことはないでしょう。

経営企画の仕事内容は、社長のブレーンとなって新規事業を計画し、会社の方向性を決定するという重責のあるものです。現在の会社の状況や業界内の位置、従業員のスキル、社会情勢やライバル企業などの今後の動向を正確に把握し、提案することが求められます。能力や経験が不足している人には務まらないポジションですが、経営企画職を目指している人ならば、これまで培ってきた自身の能力や経験に、ある程度の自負はあるでしょう。それらを活かしつつ、どのように会社に対して貢献し、さらには自分のキャリアをアップさせていくかのビジョンを説明できるようにしておくことが大切です。

経営企画職を志望してくる人に対して、応募先の企業は、ある程度のスタッフ職はなんでもこなせるぐらいの能力があり、即戦力として活躍してくれることを望んでいます。能力とやる気次第では未経験でも採用される可能性はありますが、その場合でも、入社後数ヶ月以内に結果を求められるでしょう。入社した先の企業がどのような業種なのかによって必要とされる能力は異なりますが、総務、法務、人事、経理、財務、経営監査、品質管理、営業企画、リスクマネジメントなどの業務には、ある程度通じていることが求められるのが現実です。その中でも、自分が今まで培ってきたスキルを最大限活かせる分野の職場にしぼって応募することが、転職を成功させる上での最大のポイントとなります。

その事前準備として今までの自分を振り返り、今後どうなりたいのかを具体的にイメージしてキャリアプランを練っておきましょう。もちろん、経営企画職に就いた後のプランを考えることも大切ですが、まずは自分のこれまでの経験を見直し、今後のライフプランをどう打ち立てるかが重要になります。仕事については「こんなことがやりたい」という漠然とした思いはあったとしても、社会情勢や企業動向の変化などの現実に即して、臨機応変に対応しなければならないので、就職してみるまでは、あまりに詳細なプランを考えたところでそれほど役に立ちません。それよりもまず、自分の人生の方針をしっかり説明できるようにしておきましょう。その上で、仕事を通じてどのように社会に貢献できるか、そのためには具体的に自分がどうあらねばならないのかを考えることが、仕事も人生も成功させるコツであると言えます。

経営企画の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

経営企画転職の基礎

条件別の経営企画求人

人気の経営企画求人


Copyright (C) 2014-2022 経営企画に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.