経営企画のボーナス事情

経営企画転職TOP >> 経営企画転職の基礎 >> 経営企画のボーナス事情

経営企画のボーナス事情

経営企画の給料は、企業や年代によっても異なりますが、他職種に比べて水準が高いといって良いでしょう。特に、他の企業で大きな実績を上げた人などは、ヘッドハンティングにより高給で迎えられることがよくあります。ボーナスに関しては企業によって支給スタイルが異なります。例えば、面談の上、目標を設定し、結果に応じたボーナスの金額が決定されることもあります。しかし、年収のほとんどは基本給で占められ、ボーナスの割合はさほど高いとはいえないようです。また、他と同じく、ボーナスは会社の業績によっても大きく異なることになります。

経営企画は、会社の重要課題である経営方針について考察して経営者をサポートしなくてはならないので、比較的経験を積んだ人が転職するケースが多いといえます。しかし、中には経験がさほどない内に経営企画の仕事に就く人もいることでしょう。その場合は、年収は低額からのスタートとなります。事務系のスタッフとほとんど変わらないケースも見られますし、責任が重いことを考慮して多少の上載せがあるケースもあります。もしも結果が出ないのであれば当然ボーナスの額にも反映してくるので、最初の内などはあまり期待できないことの方が多いかもしれません。しかし、経営企画という仕事を理解して経験を積んでいった先には、前述のような他企業から好待遇でヘッドハンティングされることも夢ではないでしょう。

ある程度、経営企画の経験があったり、経理財務やマーケティングの知識なども持っている場合は、基本給も高くなることが多くなります。また、経験により結果が伴えば、ボーナスの金額にも大きく反映されていくものです。それまで経験してきたことをもとに企業の中に潜む問題点を突き詰めて解答を見出すことができるようになれば、さらなる年収アップが望めるようになるはずです。

しかし、経営企画という仕事でもっとも能力を発揮し、本来の仕事を成し遂げられるのは部署長クラスになってからでしょう。経営上の課題を浮き彫りにし、会議で自分のアイディアをプレゼンして企業トップの経営陣を説得したり、新事業を立ち上げたりと、その業務は多岐にわたっています。また、高いコミュニケーション能力を駆使して社内の総意をコントロールすることも大切な仕事です。このクラスになると、企業の規模によっても異なりますが、年収は1,000万円を超えることも珍しくありません。結果も出していることから、その中に占めるボーナスの割合も高くなるといえるでしょう。

経営企画の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

経営企画転職の基礎

条件別の経営企画求人

人気の経営企画求人


Copyright (C) 2014-2022 経営企画に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.