経営企画の適性(向き・不向き)

経営企画転職TOP >> 経営企画転職の基礎 >> 経営企画の適性(向き・不向き)

経営企画の適性(向き・不向き)

経営企画は、会社の経営をサポートするという非常に重要な仕事です。会社の経営は、社長をはじめとしたトップクラスの経営陣が基本的な方針を決めます。経営企画は、この方針をもとに予算などの計画書を作成したり、マーケティングなどさまざまな調整をかけたりしていきます。また、会社の経営陣がより良い適切な選択をできるようにすることも仕事に含まれます。社内各部門に問題点があればそれを探って解決策を考えることもありますし、競合他社や業界全体の情報を分析するなどして、会社により明るい未来が訪れるような計画を立案することもあります。

経営企画は、その仕事内容から、物事を突き詰めて考えたり分析したりすることが好きな人に向いているといって良いでしょう。まずは、分析力や論理的思考といったものが求められるのです。また、さまざまなところから情報を集めてくるのが得意な人にも向いています。さらに、会社のトップをはじめとしたさまざまな役職の人と渡り合うことも多いため、物おじせずに誰とでもコミュニケーションを取れる能力は必要不可欠です。自分の頭の中で組み立てるだけではなく、それを外に発信していくことも必要です。経営企画の仕事は、このどちらかでも欠けている人には不向きな仕事といえるでしょう。しかし、場数を踏んでいくことで分析力があがったり、次第に度胸が付いていくということももちろんあります。

分析力や論理的思考といったものと、人と適切にコミュニケーションを取ることは、まったく違う能力といえるかもしれません。しかし、この両方を持ち合わせている人でなければ経営企画の仕事をこなしていくことは難しいといえます。特にコミュニケーション力は非常に重要で、会社のトップが決めたことを実行していくために、すべての社員に協力してもらわなければならないのです。時には社員の本音を聞き出し、どうすれば協力してもらえるのかという妥協点を探っていく必要もあるでしょう。

また、経営企画は会社のトップと接することから、会社の命運を左右するような大きな情報と日ごろから接することになります。それでいながら、社員たちの心の内を聞くためもあって時には飲み会にも参加するわけです。社員たちが愚痴をこぼしている中でも、会社の重要事項を漏らすことはできません。みんなの愚痴を聞くだけで自分は何も吐き出せないといった、ストレスのたまる状況にも耐えられる精神力も必要とされるでしょう。

経営企画の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

経営企画転職の基礎

条件別の経営企画求人

人気の経営企画求人


Copyright (C) 2014-2022 経営企画に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.